オールインワン化粧品の大きな特徴

subpage1

オールイワン化粧品は通常の化粧水や乳液、美容液などを個別に使う手間を省いてワンステップだけで手軽にスキンケアが出来ることで近年人気が高まっています。

手間をかけたくない時や忙しい朝など1回だけ済むことで時短にもなりその分他の作業に時間を使うことが出来ます。

オールインワンの化粧品の詳細はこちらで簡単に調べられます。

オールインワン化粧品といっても色々な種類があって化粧下地や日焼止め効果なども含まれているゲルやジェル、化粧水と乳液、美容液などが1つになっている化粧水やクリームなどがあります。



化粧水タイプは他のオールインワン化粧品と比べてそれほど商品は多くないです。

いくつかの効果を1つに纏めてありますが、スキンケアの全てがこれ1つだけで出来るというわけではないため、他の全てが含まれているタイプとは違います。

化粧水の本来の役割りは肌に潤いを与えることで、顔を洗った後は汚れ以外に保湿成分も落してしまうため、失った水分を補う目的で使います。ただ保湿力に優れている成分を配合していても、化粧水は殆どが精製水などの水分なので直ぐに蒸発します。
水分は角質層のバリア機能で弾かれてしまうためで、角質層に届くまでに蒸発してしまっては保湿力も意味がありません。



そのため補った水分が逃れないように化粧水の後に乳液やクリームを重ねていきます。


たくさんの成分を化粧水に入れても直ぐに蒸発するのでは意味がないため、オールイワン化粧水のラインナップは少ないです。

オールインワン化粧水タイプの場合は、ゲルやジェルのように時短目的で使わずに、色々な効果を1回で得られることや効果を高めるために使うのが望ましいです。
化粧水から化粧下地や日焼止めまで全ての機能を1回だけで終わらせたいときにはゲルやジェルタイプがよいです。